お金についての考え方

私の両親と私とでは、お金に対しての考え方が全然違います。両親は貯蓄をした事がかく、あったらあるだけ使う。ない時は使わないといった生活をしていました。なので、急に必要になった時に本当に大変そうなのですが、なんとななってきたのです。

それに対して、その生活を見てきたからか、やはり私は節約して、少しずつでも何かあったときの為にと貯蓄するようになりました。たいした金額にはなりませんが、少しの貯蓄があるのと、ないとでは気持ち的に違うと思います。

そして、私が成人すると、親が困った時に頼ってくるようになったのです。私も、今まで育ててもらったからという気持ちから、お金を貸してしまったりするのですが、少しずつは返してくれるのですが、返し終わらないうちに、またかれようとしてくるのです。始めは貸していたのですが、ある程度の額になると、やはり私の貯蓄をなくなってきます。

返ってくる保障もないので、戻ってくれない気持ちで貸すのですが、どうにか、そういった考え方を親に変えてもらいたいと思うのですが、全然変わってくれません。もうどうする事も出来ないなら、やはり、私が貸すのをやめて本当に自分たちが困らないと駄目なのかもしれません。早く、人に頼る事がない生活をして欲しいと思います。