奨学金を滞納し自己破産をしました

私は奨学金を借りながら大学に進み、勉強を続けました。奨学金といえと借金でありお金である自覚が足りなかったのです。卒業を控え、就職活動を頑張ったにも関わらず、結果は全くでずに就職する事ができませんでした。すると、奨学金からの返還請求が始まります。

奨学金と言っても借金であり、私は470万円も融資を受けていたのです。総量規制対象ならば絶対に借入できない金額で、もし普通の借金であれば大体年収が1400万程度ないと借入できない金額になります。無職の私にこのような大金を返済できるはずもなく、猶予制度を申請しました。

ですが、猶予されても新卒を逃してしまったら返済を続けていけるような仕事は中々見つからないのが現実です。猶予されたもののアルバイトのような仕事しか見つからない私は、自己破産を決意したのです。自己破産にあたって注意しなければならない点が連帯保証人です。

奨学金の場合は親族が保証人になっている事が多いのですが、私の場合は保証会社と呼ばれる、保証人の代わりをしてくれる会社が連帯保証をしていたので、親族などに非難される事なく自己破産を申請しました。できれば返済していきたかったのですが、まともな仕事もないまま470万円も返済はできません。

利息や遅延損害金の返済すら厳しいというのが現実です。借金は返済しなければならないものですが、お金によって貴重な人生そのものを失ってしまう苦しみを受けるよりは、自己破産を決断した方が良いのかもしれません。