100万円を貸したその後

お金を貸して、と言われて貸したことがあります。本来、個人の間でのお金の貸し借りはトラブルになってしまうためにお金のやり取りはするべきではないと言われていますが、私は親しい人物に学費を貸して、と言われてしまい貸してしまいました。

相手の住所、本名、所属などの個人情報を知っていたために、返済してもらえるだろうとの安心感があったためです。

貸した金額は100万円です。貯金があったために100万円はあまり大金には思えなかったのですが、今考えてみると100万円との金額はコツコツ働いてやっと貯めることができる金額、しかも100万円があれば食べる、飲む、娯楽を楽しむ、生活レベルを上げる、と色々な事が楽しめてしまいます。

人にお金を貸す時はあげるつもりで貸せ、とよく言いますよね。これは人にお金を貸しても大抵は返ってこないよ、との意味です。私もお金を貸して、もしかしたら戻ってこないのではといった不安がありました。相手にお金を貸して、と泣きつかれてしまった時は相手が切羽詰まっており、大泣きをしていたためについ流されて貸してしまったのです。

相手は銀行口座を指定してきて、ここに振り込んで、と言ってきました。100万円、私は銀行から送金しました。送金をした後に、なんだかとてつもなくいけない行為をしてしまったのでは、と思ったのですが、なんとその後、しっかりとお金は返ってきました。どうせ返ってこないだろう、と心の何処かで思っていたために意外でしたね。