今でも一番仲良し

正社員の仕事を辞めてから、次の仕事がなかなか決まらず仕方がないのでアルバイトを探して、次の仕事が決まるまでの繋ぎとして働いていた。一度アルバイトをしてしまうとその職場のシフトだったり友達が出来たりして辞めるタイミングもなく結構続けてたと思う。

都会での一人暮らし、家賃も払わないといけないし光熱費や交通費、とにかく収入が少ないのに出費ばかり多くて口癖で「お金がない」ってよく言ってたな。生活費だけでアルバイト代が消えて行き、食費も節約してギリギリ、入っていた生命保険も解約してとにかく出費を抑えようとしてた。

友達と会うのも「お金がないから」なんて言って断ってた。頻繁に会ってた友達、気にかけてくれて連絡をよくもらいました。断ってばかりもいれず久しぶりにランチへ。どんなお店だったかは覚えてないけど、ゆっくりくつろげるお店でとにかくおしゃべりしたのを覚えてる。

そろそろ帰ろうか、位のタイミングで友達が「あ、そうそうこれ」みたいな感じで私に封筒を渡してくれた。何?と思ってとりあえず中身を確認すると現金3万円位だったかな、入ってた。どうしたの?って聞いたら「お金がないって言ってて大変そうだから、これくらいしか協力できないけど。(私)なら貸してもちゃんと返してくれる人ってわかってるからさ、生活のたしにつかって」とのこと。

びっくりしたけど嬉しかった。口癖で「お金がない」って言ったって贅沢しなければ生活は出来るのに。もちろん分割だったけどちゃんと返済もしたよ。あれから10年以上たった今でも一番仲がいい友達。